MENU

俺はどのサイズ?金剛筋シャツはサイズを間違えたら意味がない!

金剛筋シャツは着る事によって圧力を掛ける事が出来る、加圧シャツの一つです。

 

姿勢を良くしたりする効果も期待出来、さらに着るだけで加圧トレーニングが出来ると人気があります。

 

サイズは2種類アあり、MとLになっています。

 

Mの方は身長162pから175p、胸囲84pから96pの人向けです。
Lの方は身長1723pから185p、胸囲94pから106pの人向けとなっています。

 

 

ただ金剛筋シャツは、通常のTシャツと比べるとサイズの小ささに驚く人も少なくありません。

 

しかし、実際には伸縮性の高い線維を利用しているので、どんな体型の人でもフィットする構造となっています。

 

それを可能にしているのがスパンデックス線維で、これは高級ポリウレタンの一種です。

 

 

現在では競泳水着にも使用されている線維で、高い伸縮性はゴム並みと言われる程です。

 

また高い耐久性も誇っている線維となっており、それを使用した金剛筋シャツは様々な体型の人に対応するように出来ています。

 

だから、体重が重い人でも利用できるようになっているので、重い人もそうではない人も利用できます。
スパンデックス繊維のさらなる効果については【加圧シャツの効果の秘密はスパンデックス繊維に、計算された加圧力!】で説明しています。

 

基本的に金剛筋シャツは、MとLの2つのサイズがありますが、選ぶ場合は身長と胸囲を参考に選びます。

 

ただ、実際に選ぶ場合、MもLも着用できそうな人は、もしかしたらどちらを選ぶべきか迷ってしまうかもしれません。

 

 

その場合はMを選ぶようにします。

 

Lでも着用する事は出来ますが、金剛筋シャツは加圧を目的として利用する物なので、サイズが合っていないと加圧機能が半減してしまう可能性があるからです。

 

 

また背はそれほど高く無くても胸囲が大きい人は、最初はLを購入してみて様子を見てMにする事もできます。

 

自分の体よりも小さい物を購入してしまうと、シャツを着る事すらできなくなってしまうからです。

 

金剛筋シャツは、加圧によって姿勢を矯正したり、筋肉量を増量したり、さらに基礎代謝の向上を狙って利用するシャツです。

 

 

実際には体重が重くても利用する事が出来、着用するだけでも体重が減ったと言う人や、体重が増えなくなったと言う人も珍しくありません。

 

 

また利用するにあたり、ただ着用するだけでなくそこに運動や食事制限を併用して行うと、より高い効果が期待出来るシャツとなっています。

 

その為、サイズ展開は2つとなっていますが、販売されてから利用する人は増えており、その中には一定以上の効果を感じる事が出来たと言う口コミも少なくないシャツとなりました。