MENU

日本人は「筋トレ」で筋肉がつきにくいのは本当?

日本人は、筋肉がつきにくいと良く言われています。

 

それは本当なのでしょうか?

 

確かに欧米人は筋肉が多くついていますし、筋トレしている人も多いようですね。
しかし。本当に日本人には筋肉はつきにくいのでしょうか?
検証してみましょう。

 

 

日本人は、特に広背筋やハムストリングスなど、体の裏側の筋肉を鍛えることが難しいと言われています。

 

欧米人と比較すると貧弱だとも言われているんですよ。

 

しかし、裏側の筋肉はスポーツでも重要な部分であり、一定以上のレベルではかなり気になるところでしょう。

 

日本人が筋肉量を増やす上で、筋トレや食事で考慮すべきポイントはいくつかあります。

 

まず筋トレでは、低回数抗重量のメニューが基本となります。

 

しかし、そこにこだわり過ぎると鍛えたい筋肉の挙動が意識出来ずに筋肉が充分つきにくい結果になってしまいます。

 

筋トレしても、筋肉の意識が出来ていなくても、筋肉が発達しやすい欧米人との違いでもあります。

 

しかし逆に言えば、筋肉の挙動をしっかり意識することが出来るのなら、筋肉をそこにだけつけることは可能なんですよ。

 

ただ、それは日本人の骨格にも問題がありますからなかなか難しいものもあります。

 

日本人は、残念ながらウエイトトレーニングの重量刺激により反応しやすい骨格を持っている人は少ないようです。

 

骨格の解剖的特徴は生まれつきなので、頑張っても仕方ないことなのです。

 

しかし、日本人の中にも筋肉がつきやすい人もいます。
多くの場合は末端の筋肉が発達しており、スポーツのパフォーマンスで必ず有利になるとは限りません。

 

体幹に近い筋肉を優先的につけるには、それなりの筋トレが必要です。

 

最後に、日本人のたんぱく質摂取量があります。

 

ウエイトトレーニングで筋肉をつけたい場合、1日のたんぱく質摂取量は体重1キログラムにつき2グラムです。
食に豊かな日本ではたんぱく質摂取に困ることはないでしょう。

 

しかし、逆にたんぱく質を摂取しすぎるということが問題になってきます。

 

人間の体は恒常性を保つように出来ています。

 

ですから必要以上に摂取した

 

栄養素は無駄使いします。
結果的にたんぱく質を摂り過ぎたためにアミノ酸としてうまく吸収されずに、かえってたんぱく質の利用効率が悪くなるということを招いてしまうのです。

 

たんぱく質に関して必要な量は必ず摂取するのが筋トレの基本です。

 

しかし、余分に取り過ぎると効率があがらず、筋トレの妨げになってしまうのです。
食生活の豊かな日本ではたんぱく質の取り過ぎも上げられますから、それにも注意が必要ですね。

 

また外国人の人は、常にワークアウトがライフスタイルになっているようです。

 

日本人には、まだその傾向は見られていません。
一種の人々だけが筋トレに励んでいる状態です。

 

筋トレが日本人のライフスタイルになるのなら、筋トレして日本人でも筋肉をつけることができるはずです。

 

日本人は筋肉はつきにくいですが、諦めるのは早いです。

 

せっかく筋トレするのですから、効率よく筋トレを行いましょう。

 

そのためにも普段の食生活の見直しや、筋トレする場所を意識しながら行うとより良い結果を生み出すことでしょう。