MENU

腹筋したら太る!?痩せるつもりなのに、本当?

腹筋を鍛えるとお腹が引き締まって痩せそうですが、腹筋したことで太ったという人もいます。

 

腹筋に関わらず、筋トレすると一時的に太ってしまうことがあります。

 

お腹回り細くしたい、ぽっこりお腹をなんとかしたい!
というのであれば、腹筋はしない方がいいのでしょうか。

 

そもそも、腹筋をしたら太るというのは、筋肉がつくから太ったように感じるためです。

 

「ウエストを細くしたいと思って始めた腹筋だけれど痩せない、むしろ太った。」
という人の声もあります。

 

「腹筋を鍛えれば、すぐに痩せるし、お腹がへこむに違いない。」
と思ってしまうのは大きな間違いでしょう。

 

むしろ筋肉が鍛えられれば、体重は増加していきます。
それは、筋肉の重さが脂肪よりも重いからです。

 

筋肉をたくさんつけることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になると言われていますが、筋肉には重みもあるので、筋トレを始めてから体重が増えたと感じてしまうことがあります。

 

脂肪よりも筋肉の方が重いので体重にも反映されやすいですが、脂肪がたくさんついた状態ではないので、体重が多くなっても実質的に「太った」というわけではありません。

 

筋肉がつくことによって体重は増えても、見た目は引き締まってスリムに見えます。
これがもしも、脂肪の方が多くついている場合、体重は減ったかのように見えても、見た目はぽっちゃり見えやすいです。

 

 

腹筋を鍛えておくとこんなにいいことがある! 内臓脂肪が原因で太る?

ウエスト周りの肉が気になっている人もいるでしょう。
そもそもお腹周りの肉の原因は皮下脂肪ではなく、内臓下垂や内臓脂肪の2つが原因です。

 

要するに、外側の脂肪に主要原因があるのではなく、内側の内臓状態が引き金となっているのです。

 

皮下脂肪が皮膚の真下にあり、肥満原因とされているのは脂肪であり、これに対して内臓脂肪は腹筋の内側の壁についてしまっているのです。

 

胃腸などの内臓に脂肪が蓄積されるわけではありません。

 

「内臓脂肪」は内臓の位置を正しく保ち、衝撃を和らげるクッションのような役割です。

 

内臓下垂は筋力低下によって内臓を支えるインナーマッスルが支えられず、本来腸の中心に収まるはずの胃腸が骨盤まで落ちてしまっている状態です。

 

これによってウエストが太くなってしまうことがあるでしょう。
要するにウエスト周りに肉がついているのは、下がってしまった内臓と腹腔内にたまった「内臓脂肪」が原因です。

 

 

腹筋などのインナーマッスルを鍛えることによって、下がった内臓を元に位置に戻して内臓脂肪を燃焼させることができます。
そして結果的にお腹回りの筋肉が減らせるのです。

 

このインナーマッスルを鍛えられるのが「腹筋インナーマッスル」でもあります。

 

腹筋の鍛え方については、下記のページを参考にしてください。
参考ページ:「スクワットをやれば腹筋も鍛えられる!」は本当?
参考ページ:レッグレイズで腹筋を鍛える!腰痛にならないようにするには?

 

 

腹筋インナーマッスルを鍛えると、様々なメリットが出てくるでしょう。

 

例えば次のようなメリットです。

  • 肌に艶が出てくる
  • 姿勢が良くなる
  • 冷え性がなくなる
  • 日常生活で疲れにくくなる
  • 運動がスムーズにできる

 

腹筋を鍛えておいて損することはないでしょう。
美肌効果もあるので、女性も腹筋を鍛えておくとプラスになることが増えるでしょう。