MENU

腹筋で便秘解消?!どんな鍛え方をしたらいい?

「便秘になってしまった!」
という時は、ひょっとすると腹筋が不足しているからかもしれません。

 

案外、腹筋を鍛えたら便秘解消できたという人もいるのです。

 

それではどうして腹筋を鍛えると便秘解消が可能になるのでしょうか。

 

その理由について説明していきましょう。

 

筋トレの中でも、腹筋運動であれば便秘解消に役立ちます。

 

腹筋をきちんと鍛えておけば、便を出す時にそこまで力を入れなくても排便がスムーズになることがあります。
また、それと同時に腹筋を鍛えることにより、姿勢も美しくなっていきます。

 

背中をきちんと伸ばすのにも、腹筋が使われています。

 

そのため、腹筋についてはこれが原因で便秘になることはないでしょう。
むしろ改善することが多いです。

 

筋トレは、自律神経の乱れによる便秘にも効き目があると言われます。
腹筋力が低下してしまうと、便秘になることがあるのです。

 

腹筋が不足していると腸のぜん動運動がスムーズにできず、便はなかなか排出されなくなってしまいます。

 

便秘の原因には食生活や生活習慣など、様々なファクターが密接に絡んでいますが、腸のぜん動運動が低下してしまうのは、腹筋が衰えているからでもあるのです。

 

 

便秘に効果的な腹筋を鍛え方とは?

朝起きた時に、すぐ腹筋運動するのがおすすめです。

 

数回腹筋するだけでもいいので、腸の活動を始めるためにも軽く刺激を与えるつもりでやります。

 

あまり激しくやってしまうと腰痛の原因にもなってしまうので、やる時はやり過ぎないようにしましょう。
きついと感じてしまうと毎日継続するのが難しくなってしまうので、数回でもいいので毎日やるようにしましょう。

 

朝起きてすぐに腹筋運動とストレッチなどを組み合わせてやっていきます。

 

 

腹筋を鍛えると逆に便秘がひどくなることもある?

腹筋を鍛えていて、逆に便秘がひどくなったという人もいます。

 

お腹回りや内臓の周りにあるような筋肉を鍛えると、その引き締め効果によって腸を含む内臓の位置が微妙にズレてしまい、本来あるべき正しい位置に定着するはずが、一時的に便秘になってしまいます。

 

特に、これまで全然筋トレしたことがなかった人は、もともと筋肉がたるんでしまう傾向にあるので、急に腹筋を鍛えることで一時的に便秘になってしまう恐れがあります。

 

しかしこれは一時的なことなので、様子をみてみるといいでしょうが、それ以外はできません。
内臓が正しい位置に固定され、その状態に慣れるまで少し時間がかかってしまうでしょう。

 

 

腹筋と便秘、腸への効果とは?

便秘解消のために腹筋を鍛えるためにも仰向けに寝て、そのまま両足を上げ下げするとやりやすいです。

 

特に便秘は女性に多いものなので、腹筋運動は女性にとって苦手なものです。
きつくならない腹筋運動が好ましいでしょう。

 

足を上下に動かすスクワットでもいいですが、下半身を強化する運動で、腹筋を使うことを意識していきましょう。
スクワットの正しいやり方は【「スクワットをやれば腹筋も鍛えられる!」は本当?】を参考にしてください。
腰を傷めないように注意が必要です。

 

毎日運動していない場合でも、お腹に力を入れるだけでも効果があります。
腹式呼吸も腹筋を使うのでいいですが、運動しながら腹式呼吸するのでもいいでしょう。

 

きつい腹筋運動をしなくても、体を動かしながら腹筋を使う運動はあるので、継続してやっていくことに意識していきます。

 

腹筋は特に女性にはつきにくい筋肉なので、腹筋を鍛えるのはなかなか難しいでしょう。しかし腹筋を鍛えることで便秘解消になるだけでなく、ダイエット目的としてもできるものです。

 

便秘をしていると女性は特に肌トラブルも出てきてしまい、お腹もぽっこり出てきてしまいます。
そんな方のためにも、腹筋はお腹回りをスッキリさせて便秘解消してくのがおすすめです。