MENU

ゴリマッチョに似合うファッションはコレ!逆にNGファッションとは?

ゴリマッチョは、パッと見、男らしくてかっこいいのですが、ファッションのチョイスを間違えてしまうとNGになってしまいます。
細マッチョと違い、筋肉が目立つゴリマッチョですから、ファッションにも気を配らないといけません。

 

ちなみに細マッチョとゴリマッチョの違いを知っていますか?
それぞれの違いについては【ゴリマッチョと細マッチョの明確な違いはコレだった!!】を参考にしてください。

 

 

そこで今回は、ゴリマッチョの人がやってしまいがちなNGファッションは、逆におすすめなコーデなどを紹介します。

 

ゴリマッチョの人が着ない方がいいファッション

 

ボーダー

ボーダー柄は男女共に人気の高いファッションですが、ゴリマッチョな体型をもっと大きく見せてしまうので、圧迫感が出てしまいます。
女性によっては「怖い…」とひいてしまう人もいるでしょ。

 

ピチピチの服

体を鍛えて、ゴリマッチョになる前に着ていた服装も、ゴリマッチョになった途端サイズが小さくなってぴちぴちになってしまいますよね。

 

ぴちぴちの服を、ゴリマッチョになってからも着ようとするのはあまりすすめられません。
ゴリマッチョが全面的に強調されてしまい、女性からひかれてしまうこともあるでしょう。

 

ゴリマッチョの体型が余計強調されてしまうので、ゴリマッチョが悪いわけではありませんが、タイトすぎず、あまり筋肉が強調されすぎない服装の方が無難です。

 

タンクトップ

ゴリマッチョをアピールしようとして、ボディビルダーのようにタンクトップを着る人もいます。
ですが、男性は脇毛などもあるので、不潔に見えてしまうことがあります。

 

腕の筋肉も、かなり強調されるので、ワイルドに見えすぎてひかれてしまうことがあります。

 

これから何かスポーツをする、実際にボディビルダーとして活躍している人ならいいのですが、一般の方でゴリマッチョの人が、私服でタンクトップを着こなすのはあまりおすすめできません。

 

ゴリマッチョに似合うコーデ、髪型とは?

ゴリマッチョの人は、筋肉を強調したファッションよりも、さりげない着こなしの方がモテます。

 

例えば、白のTシャツにタイトのジーンズ+スニーカーです。
こんなシンプルなファッションでもゴリマッチョの人は素晴らしく男らしく、かっこよく見えます。

 

白のTシャツを選ぶ場合、素材はしっかりしたタイプを選びましょう。
ジーンズは太い足を引き締めて見せてくれます。
スニーカーはあえて赤で目立たせるのもいいですが、ブルーやブラックなどシンプルな色でもいいでしょう。

 

ソフトモヒカン

いくつか似合う髪形はありますが、「ソフトモヒカン」がおすすめです。
アスリートのように爽やかな印象になり、ワイルドさも出るからです。

 

スキンヘッドよりもきつい印象がなく、違和感ありません。
ツーブロックとの相性もよく、どんな男性もかっこよく爽やかに見えやすい髪型です。
アレンジも簡単で、くせ毛の人でも扱いやすいでしょう。

 

マッシュスタイル

女子のツボをよく抑えた髪型です。
マッチョの男性にはピンとこないかもしれませんが、爽やかでキュートな髪型がギャップとなって女性のハートを射止めるでしょう。

 

マッシュヘアは、意外にもヒゲともマッチしてくれます。
髪が少し伸びてきたらパーマをかけてみるのもいいでしょう。